【日時】2017年2月19日(日)
【場所】神戸市中央区 兵庫県民会館

 2017年2月19日(日)、神戸市中央区 兵庫県民会館 パルテホールにて、兵庫県他主催のイベント「消費者・事業者・行政によるワークショップ~ともに実践する消費者市民社会~」が開催されました。兵庫県と大学生協関西北陸事業連合は、2010年に「次世代の消費者教育・学習に関する協定」を締結し、次世代の消費者リーダーの養成を目指す中、消費者啓発活動を率先して企画・実践してきた大学生を「くらしのヤングクリエーター」として認定しています。

 今回は当団体に所属する神戸学院大学の織田祐季帆さん、姫路獨協大学の栗川和樹さん、兵庫県立大学の西谷健人さん、矢垣綾香さん、岡崎愛子さん、近畿大学の坂本優希さんの6名、そのほか神戸大学、神戸市外国語大学、関西学院大学などの学生、34名が認定され、井戸敏三兵庫県知事名の認定証が交付されました。

 当日は当団体に所属する神戸学院大学の織田祐季帆さんが代表で受け取り、今後の抱負などを述べました。